小児系

H28年度 学術研修部小児系 活動のご報告

 

  • 勉強会の開催

6 月26日(日)に、埼玉県男女共同参画推進センター With You さいたまにて勉強会(症例検討会)を開催しました。春日部市障がい支援課ことばの教室の田尻恵美子先生より 「選択性緘黙に対する言語療法~相談事業におけるSTの取り組み~」、埼玉県立小児医療センターの石田隼一郎先生より「表出面に著しい遅れのある言語発達 遅滞児に対する介入経験」という2例の事例報告と、(株)ベルツ 在宅リハビリテーションセンター草加の矢作満先生からの施設紹介という、たいへん盛り沢 山な内容の勉強会となりました。

 

  • 研修会の開催

10月30日(日)に、同じく埼 玉県男女共同参画推進センター With You さいたまにて研修会を開催しました。講師は、春日部市障がい支援課ことばの教室の田尻恵美子先生と埼玉県自閉症協会の小材由美子会長をお招きしました。田 尻先生には、「コミュニケーションやことばの発達を促す子育てへのアドバイス ~ST としての視点から~」と題し、親子の間でコミュニケーションがうまく取れない、ことばがなかなか増えないといった発達障害やことばの遅れを持つお子さんの 子育てについて、STとしてどのような取り組みやアドバイスをすることが望ましいのかを考えるきっかけとなるお話をいただきました。また小材会長からは、 発達障害のあるこどもを育てる親への支援について、親としての思いについてお話をいただきました。講師と参加者での自由な意見交換の時間にも、とても活発 に話が進みました。参加者の中から、埼玉県立小児医療センターの石田先生に感想をいただいています。

「田尻先生の講演からは、STの関わり が臨床場面に限定されたものではなく、家庭をイメージしたものである必要がある、ということを再認識させられました。そのイメージは、STとしての経験や 自らの実生活によって養われる部分も大きいとは思いますが、“技術”として身に付けられるよう、研修制度などを充実させる必要がある、という東江先生のコ メントも印象に残りました。小材様のお話からは、発達障害の子どもの幼少期に関わる者が、子どもだけではなく、親の行動・感情・認識に非常に大きな影響を 与えると痛感しました。“支援する”側だけではなく、“支援された”経験のある方のお話を聞くという機会は、定期的に必要であると感じました。

                 埼玉県立小児医療センター 石田隼一郎」

 

その他、メーリングリストでの会員間の情報交換を随時行っています。H29年度も、勉強会を通し埼玉県内で小児に携わるST間の連携を深められるよう、活動を進めていきたいと考えていますので、興味のある方はいつでもお問い合わせください。

お問い合わせ先  kodomo*st-saitama.org(*は@にしてください)

(2017.4.12)

 


 

小児系の活動のご案内

埼玉県言語聴覚士会 学術研修部 小児系では、平成26年度より活動の活発化をめざし、2人の小児系理事を中心に全8名の会員(自分たちでは“小児系世話人”と呼んでいます)で役割を分担し、活発な活動をすすめる形をスタートさせました。

 

【主な活動内容】

○小児系勉強会の開催

症例報告、および参加者の勤務している施設紹介などを行います。平成27年度は2回実施しました。症例報告は経験年数の短い方も積極的に発表をしてくださり、参加者からも活発な意見が出ていました。また施設見学では、普段なかなか知ることができない他施設でのST業務の内容を写真などを交えながら具体的に聞くことができ、どちらも有意義な内容となりました。平成28年度も同様の内容で6月と12月に実施する予定です。

※なお、この勉強会での症例報告は日本言語聴覚士協会の生涯学習システムのポイントとなります。

 

○研修会の開催

講師の先生をお呼びして、講演会形式での研修会を行います。H28年度は秋の開催を予定しており、できるだけ多くの会員の方が興味を持って参加してくださるようなテーマを選定中です。もし「こんな話が聴きたい」といったご希望などありましたら、ぜひ下記アドレスまでご連絡ください。

 

○メーリングリストでの情報交換

県内の小児系の機関に勤務している、あるいは小児へ興味関心がある方を対象にしたメーリングリストを整備し、上記した勉強会実施のお知らせや他機関主催の研修会のお知らせなどを公開しています。メーリングリストへの参加は随時受け付けておりますので、ご希望の方は、ご所属・お名前と「メーリングリスト参加希望」の旨をご記載のうえ、下記アドレスまでご連絡ください。

 

☆お問い合わせ・メーリングリスト参加希望連絡先

  kodomo*st-saitama.org(*は@にしてください)