関連学会・研修会


機能解剖から診た評価セミナー【呼吸・発声編】@東京


《イベント名》機能解剖から診た評価セミナー【呼吸・発声編】@東京
《日時》2020年1月18日@東京 10:00~16:30(受付開始9:30~)
《会場》東京都台東区花川戸2-6-5東京都立産業貿易センター2階 会議室
    https://www.sanbo.metro.tokyo.jp/taito/access/
《簡単な内容》
  呼吸や発声の評価・アプローチをする為には、それに関わる筋肉や骨格がどのような構造をしていて、どのように動くのかを理解する事が重要です。
そしてどの部位が機能的に低下しているのかをしっかり評価する事が効率的なアプローチに繋がります。また、徒手的なアプローチをする際に『なぜそのアプローチを行うのか』を考えるうえでも必要な知識です。
STが行う評価・アプローチの多くは筋骨格系に対する視点が少ないように感じます。
しっかりと呼吸ができる、発声ができるには筋骨格系の働きが必要不可欠です。
このセミナーでは、STの養成校であまり触れてこなかった呼吸・発声に関わる筋骨格系の機能解剖とその評価をお伝えします。
《内容》
  (1)呼吸と発声の仕組み
  ・呼吸に関わる筋・骨格の解剖(肋骨の動き、肩甲骨との関係、上肢との関係など)
  ・発声に関わる筋・骨格の解剖(喉頭・輪状軟骨の動き、頸椎との関係など)
  (2)呼吸・発声に関わる筋・骨格系の評価
  ・STが行うスタンダードな評価だけではなぜ足りないのか?
  ・どのような評価をすれば良いのか?触診の方法について
  (3)症例ディスカッション
  ・実際にどのような流れで臨床をすすめるのかを考える
《参加費用》7000円
《申し込み方法》https://ws.formzu.net/fgen/S84310149/
《連絡先》three.s.st.3@gmail.com
《主催》https://three-s-st.jimdo.com/

2019-12-03

 

STの臨床で使える呼吸・発声アプローチ@東京


《イベント名》STの臨床で使える呼吸・発声アプローチ@東京
《日時》2020年1月19日@東京 10:00~16:30(受付開始9:30~)
《会場》東京都台東区花川戸2-6-5 東京都立産業貿易センター2階 会議室
    https://www.sanbo.metro.tokyo.jp/taito/access/
《簡単な内容》
  日々の臨床の中で、こんな患者さんいますよね?
  ■呼吸機能が低下している
  ■声量が低下している
  ■声質が変わってしまった
  ■咳嗽力が弱い
  すべてSTとして、見過ごせない症状ですが、これらの症状は全て呼吸が関連しています。
  基礎工事がしっかり出来ていない建物は脆いものだと思いませんか?
  人の身体も一緒で、しっかりと呼吸できる身体を作らなければ、その後に続く、発声や嚥下にいくらアプローチしても効率的ではありません。
  ・患者さんの身体の状態を評価せずに、ただ発声練習だけしていませんか?
  ・嗄声を改善したいのに上手くいかない…とアプローチに悩んでいませんか?
  ・声が出にくい患者さんに音読練習のみで終わっていませんか?
  ・どの患者さんにも同じアプローチをしていませんか?
  このセミナーでは、言語聴覚士だからこそ、呼吸へのアプローチが重要であること、またどのようにアプローチするかをお伝えします。
《内容》
  ■呼吸・発声に必要な筋・骨格の解剖おさらい
  ■STが行う呼吸・発声アプローチについて
  ■症例(動画での説明)
  ■徒手療法や身体の使い方について~実技練習~
  肋骨・肩甲帯・上肢・腹筋群へのアプローチやポジショニングなど
《参加費用》12000円
《申し込み方法》https://ws.formzu.net/fgen/S84310149/
《連絡先》three.s.st.3@gmail.com
《主催》https://three-s-st.jimdo.com/

2019-12-03

 

第 16 回日本訪問リハビリテーション協会学術大会 in 高知


1)主催:日本訪問リハビリテーション協会
2)大会名:第 16 回日本訪問リハビリテーション協会学術大会 in 高知
3)日時:2020 年 5 月 30 日(土)~31 日(日)
4)場所:高知市文化プラザかるぽーと・高知市中央公民館(高知市九反田 2番 1号)
5)テーマ:平成の訪問リハを振り返る~そして未来を創造しよう~
6)備考:PDF 添付 *添付が可能なメールアドレスを教えて頂ければ幸いです
7)URL:http://www.houmonreha.org/kochi/
8)他関連団体のポイント申請について
〇日本理学療法士協会
参加:10ポイント 演題発表:5ポイント 講師・シンポジスト:5ポイント
〇日本作業療法士協会
参加:1ポイント(2日間の場合は2ポイント) 演題発表:1発表につき1ポイント加算
講師・シンポジスト:1ポイント(2日間の場合は2ポイント)
〇日本言語聴覚士協会
参加:1ポイント 演題発表:1ポイント
※その他、フォーマット等ございましたらご教示願います。
 
第16回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知
実行委員会  広報局 長崎 優作  
Email : reha@izumino.or.jp

2019-11-27

 

千葉県言語聴覚士会 聴覚障害委員会主催研修会
「聴覚障害児者のライフステージ上の出来事」


《イベント名》一般社団法人 千葉県言語聴覚士会 聴覚障害委員会主催研修会
「聴覚障害児者のライフステージ上の出来事」後編(学齢期~老年期)

《日時》令和元年12月22日(日)10時~16時
    (受付開始9時30分)

《会場》千葉県立千葉聾学校

《簡単な内容》
〈午前の部〉
・「学齢期のサポート」 猪野 真純氏(千葉県こども病院)
・「福祉制度」     宮崎 寛夫氏(千葉県中央障害者相談センター)
・機器展示
〈午後の部〉
・「加齢性難聴」    石渡 智一氏(君津中央病院)
・体験談        杉崎 きみの氏(人工内耳装用者)
・質疑応答・交流会

《参加費用》千葉県士会会員 500円
      他都県士会会員 1000円
      一般(非会員) 2500円

《申し込み方法》
https://chiba-st.com/archives/3301
に掲載されているチラシをご参照いただき、メールまたはFAXでお申し込みください。

《連絡先》
メールでお問い合わせください。
chibast.choukaku@gmail.com

《主催》
千葉県言語聴覚士会聴覚障害委員会

 

2019-10-23

 

 


コミュニケーション障害学を深めるための音韻論


《イベント名》日本コミュニケーション障害学会主催 
第62回講習会「コミュニケーション障害学を深めるための音韻論」

《日時》2020年1月12日(日)

《会場》全労連会館(東京都文京区湯島 2-4-4)、2 階ホール

《講師》北原真冬先生(上智大学英語学科)

《内容》音声学と音韻論の違い、音韻論の歴史、音韻論の最先端、音韻論のコミュニケーション障害学への応用

《参加費用》会員 4,000 円、非会員 8,000 円、学生 3,000 円

《申し込み方法》学会ホームページ http://www.jacd-web.org/  「講習会のご案内」をご覧ください。

《連絡先》日本コミュニケーション障害学会事務所
電話: 042-324-7397
E-mail: jacd@tea.ocn.ne.jp

《主催》日本コミュニケーション障害学会

2019-10-23

 

第34回標準ディサースリア検査(AMSD)講習会


《イベント名》第34回標準ディサースリア検査(AMSD)講習会
《日時》2020年5月16日(土)9時~17時20分,5月17日(日)9時~15時
《会場》三宮研修センター(兵庫県神戸市中央区八幡通4-2-12 FR?ビル
《簡単な内容》本講習会は,標準ディサースリア検査(AMSD)の実施方法について講義ならびに実技演習を行います.2日目午後は症例提示に加えて,AMSDを軸にした新しいディサースリアと嚥下障害の評価と治療への応用技術についてミニセミナーを行います.
《参加費用》15,000円
《申し込み方法》日本ディサースリア臨床研究会ホームページにて詳細をご確認のうえ、申込専用フォームよりお申し込みください.
https://www.dysarthrias.com/wp/
《連絡先》メールでお問い合わせください。
gakujutsu@tama-riha.ac.jp
《主催》日本ディサースリア臨床研究会
 

 

2019-07-24

 

 

 

第2回高齢者の発話と嚥下の運動機能向上プログラム(MTPSSE)講習会


《イベント名》第2回高齢者の発話と嚥下の運動機能向上プログラム(MTPSSE)講習会
《日時》第Ⅰ期:2020年8月22日(土)9時~16時40分,8月23日(日)9時~15時
第Ⅱ期:2020年11月7日(土)9時~16時40分,11月8日(日)9時~15時
※第Ⅰ期・第Ⅱ期を通して1セットとなります.第Ⅰ期または第Ⅱ期のいずれかの受講はできま
せん.
《会場》日本教育会館 第一会議室(8階)(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
《簡単な内容》高齢者の発話と嚥下の運動機能向上プログラム(MTPSSE)は,ディサースリアと摂食嚥下障害に有効なハイブリッドアプローチです.本講習会では,MTPSSEを中心に解説し,治療手技の演習を徹底して実施します.
《参加費用》50,000円
《申し込み方法》日本ディサースリア臨床研究会ホームページにて詳細をご確認のうえ、申込専用フォームよりお申し込みください.
https://www.dysarthrias.com/wp/
《連絡先》メールでお問い合わせください。
gakujutsu@tama-riha.ac.jp
《主催》日本ディサースリア臨床研究会

2019-07-24